2016年02月24日

かばんの到着日について

かばん2月号、たいへんお待たせしました。
お手元に届くのが遅れる月が何度か重なり、ご心配をおかけしました。
利用しているサービス元となかなか確認がとれず、
送付方法の切り替えは大きな変更であることもあり、
しばらくはこのかたちでいきたいと思います。
すみませんがご了承ください。

お手元に届くのは、毎号その月の中旬を目安としてお待ちいただけるとありがたいです。
今後もかばんをどうぞよろしくお願いします。

2015年度編集人 とみいえひろこ
posted by かばん at 08:30| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

【11月号遅延のお知らせ】

たびたびお待たせして申し訳ありません。
現在郵便局が手一杯とのことで、
11月号を発送できたのが11月10日でした。
心苦しいのですが、今しばらく到着をお待ちください。
編集人 とみいえひろこ
posted by かばん at 11:37| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

五首選特別版のお知らせ

五首選特別版、みなさまの投稿をお待ちしております。

【正会員向け】要項
・〆切 11月5日
・会員のみ投稿可
・提出先 post@kaban-tanka.jp
◯五首選A
・件名 五首選/三首選・A・筆名
・内容 2015年1月号から10月号の中から五首あるいは三首
 ※作品、筆名、何月号、何ページの作品か、投稿者名をご記入ください。
◯五首選B
・件名 10月号五首選・B・筆名
・内容 通常通り10月号のなかから五首
 ※AB両方提出してもOKです。その場合はAのメール、Bのメールと分けて投稿してください。

【購読会員向け】要項
・〆切 11月5日
・購読会員のみ投稿可
・提出先 hensyu@kaban-tanka.jp
・件名 五首選/三首選・筆名
・内容 2015年1月号から10月号の中から五首あるいは三首
 ※作品、筆名、何月号、何ページの作品か、投稿者名をご記入ください。
 「何月号、何ページ」の記載がないと校正しきれず不掲載になる場合があります。


       
posted by かばん at 15:41| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かばん新春題詠のご案内

今年度の兼題は「さっき」です。詠み込み指定があります。
※「さっきまで」等の「さっき」です。同音異義語は、意味をだぶらせ掛詞的に使用する場合のみ可。

出詠はひとり一首です(厳守)。
正会員・購読会員の方のみ出詠できます。
〆切 二〇一五年十一月十日(火曜日)三十時必着

▽ 下記の新春題詠専用の募集ページからお送り下さい。
http://enq-maker.com/cKomxNE

メールで原稿を提出される方は、件名を「新春題詠・お名前」として kabanutakai@gmail.com までお送り下さい。
いただいた短歌は無記名でかばん一月号に掲載し、選歌投票を行います。
投票はかばん会員以外の方でも参加できます。投票結果は三月号に発表します。

出詠ならびに選歌投票への参加をお待ちしております。

posted by かばん at 14:28| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

かばん3月号の到着確認です。

東北、北海道の一部、茨城県にて、宅配便の集配が行われていないということですが、皆さまのお手元に、かばん3月号は到着しておりますでしょうか。

到着していない方は、info★kaban-tanka.jp宛にお申し出ください。
(★を@に直してご利用ください。)
4月号に同封して、再送いたします。
また、現在かばんにお届けいただいている住所とは異なる場所でお受け取りになりたい場合も、ご連絡ください。ご希望の場所にお送りいたします。
posted by かばん at 09:49| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

杉崎恒夫第二歌集『パン屋のパンセ』発刊

●「かばん」創刊25周年記念「かばんBOOKS」企画●

杉崎恒夫第二歌集『パン屋のパンセ』発刊
sugizaki.jpg

90歳。
透明なユーモアと
かなしみと、
不変の
みずみずしさ――


<歌集より五首>

      ゆびというさびしきものをしまいおく革手袋のなかの薄明
      卵立てと卵の息が合っているしあわせってそんなものかも知れない
      大文字ではじまる童話みるように飛行船きょうの空に浮かべり
      星空がとてもきれいでぼくたちの残り少ない時間のボンベ
      止まりたいところで止まるオルゴールそんなさよなら言えたらいいのに

      ◆出版:六花書林 発行:2010.4.28 価格:2000円(税別)

「かばん」創刊25周年を記念して実施した会員歌集刊行支援企画「かばんBOOKS」企画により、杉崎恒夫第二歌集『パン屋のパンセ』が六花書林より刊行されました。

「かばんBOOKS」企画とは、「歌集を刊行して欲しい会員」について全会員にアンケートを行い、多くの希望を集めた方の歌集刊行を支援するものです。

 今回最も多くの希望を集めた杉崎恒夫さんは、かばん創刊時からのメンバーで、軽やかでみずみずしく、夜空の星のようなきらめきとさびしさを湛えた作品を25年間出詠してきた方です。

 第一歌集『食卓の音楽』(1987年・品切)刊行から20余年、2400首に及ぶ作品からの選歌は、杉崎さんご自身の体力上のご都合もあり、井辻朱美・高柳蕗子両氏が行いました。

 編集作業が進められるなか、2009年4月に杉崎恒夫さんは肺炎のため享年90才にてお亡くなりになりました。
 歌集刊行を楽しみにしていらした杉崎さんに手にとっていただくことが出来なかったのは、大変悲しく残念なことですが、杉崎さんご子息をはじめとする多くの方のご好意とご協力を得て、ついに本書を刊行することが出来ました。
 杉崎さんが残した珠玉の作品の数々が、多くの方々の心に届くことを願ってやみません。

◆本書は書店を通しての注文、もしくは版元の六花書林よりお求めいただけます(部数が限られておりますので、ご注意ください)。
posted by かばん at 11:36| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

辻井竜一第一歌集批評PARTY〜はやく、はやく、誰よりもはやく〜


「かばん」会員辻井竜一さんが2009年8月、第一歌集『ゆっくり、ゆっくり、歩いてきたはずだったのにね』を上梓いたしました。
本歌集刊行を祝し、皆様の御意見・御批評を賜りたく、批評パーティーを開催する運びとなりました。
お忙しいことととは存じますが、是非皆様にお集まり頂きたくお願い申し上げます。

※開始時間及び懇親会会場が、「かばん」1月号に掲載した内容と変更しております。会員の方は御注意ください!


「辻井竜一第一歌集批評PARTY〜はやく、はやく、誰よりもはやく〜」

日時:2010年2月21日(日)

★メインPARTY(批評会)
時間/13:30〜17:00 ※受付は13:00〜
会場/武蔵野商工会議所 市民会議室
http://www.musashino-cci.or.jp/map.html  ※JR吉祥寺駅北口より徒歩5分
参加費/¥2.000

パネラー:石川美南 永井祐 東直子 穂村弘
司会:柴田瞳
発起人:荻原裕幸 東直子 穂村弘

★AFTER PARTY (懇親会)
時間/17:30〜20:00
会場/GONO (ビュッフェ形式の立食パーティーです)
参加費/¥4.500

御出席希望の方は、2月14日(日)までに下記の要領でお申し込みくださいませ。
※〆切を14日まで延長いたしました!

メールタイトル:辻井竜一批評PARTY参加希望

1. 参加希望形態
メインPARTY+AFTER PARTY⇒ A
メインPARTYのみ⇒ B
AFTER PARTYのみ⇒ C

2. お名前
3. 御連絡先
4. 所属結社名(あれば)

以上をご記入の上、下記アドレスまでメールをお送りください。

●お申込み・お問い合わせ先:
辻井竜一第一歌集批評PARTY開催事務局(代表・柴田瞳)
E-mail : walk_slowly_slowly(a)yahoo.co.jp
     *(a)を@に変えてください

※定員に達し次第締め切らせて頂きます。

歌集はこちらより購入可能です↓
http://www.bookpark.ne.jp/cm/utnh/detail.asp?select_id=60


posted by かばん at 14:33| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

一首評募集のお知らせ(2008/9/30〆切)

12月号小特集
★穂村弘「楽しい一日」短歌研究賞受賞記念★
一首評集成(寄せ書き風):一首評をお寄せください。


穂村弘「楽しい一日」が第44回短歌研究賞を受賞しました。
※「短歌研究」9月号(現在発売中)に受賞作が再掲されています。
この受賞をお祝いしてささやかながら12月号にて一首評の小特集を組みたいと思っています。
最近の穂村作品を見つめる好機になるかと思いますので、ぜひご参加ください。

■一首評応募要領   どなたでも応募できます。
・受賞作「楽しい一日」    あるいは
・2000年以降の穂村弘作品  で 
どれか一首を取り上げ一首評(300字程度)をお寄せください。
※お祝いメッセージの追伸も可です。

■〆切:9月末日着
■宛先:post(a)kaban-tanka.jp  ※(a)を@に変えてください。
  件名を「12月号特集・一首評・(お名前)」としてください。
  FAX・郵便での投稿を希望される方は、編集事務局までお問合せください。

■掲載は編集部にご一任ください(紙幅の都合等で調整することがあります)。
ご参加をお待ちしています。どうぞよろしくお願いいたします。



posted by かばん at 21:45| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする